TOP 会社概要 サービス内容 導入事例 お知らせ・ブログ 採用情報 お問い合わせ

NEWS/BLOG detail お知らせ/ブログ 詳細

採用の歩留まりを解消するための4つの取り組み

採用の歩留まりとは、選考プロセスにおいて応募者が辞退することや、内定後に辞退することを指します。採用活動において歩留まりが多いと、企業のブランドイメージにも悪影響を及ぼすことになります。そこで、採用の歩留まりを解消するためには、以下の取り組みが必要です。

1. 市場調査

企業が求人を出す際には、その求人内容が市場に求められるものであることが重要です。市場調査を行い、求人内容や待遇面などが適切であるかを確認しましょう。求人募集にあたって、どのような要素に注目すべきなのかを考えてみましょう。たとえば、求人票の記載内容が求められるものであるか、求人条件や待遇内容が他社と比べて優れているかどうか、求職者が求めるスキルや経験、キャリアアップの機会や研修制度があるかどうか、などです。

また、競合他社と比較して優位性のある点をアピールすることも大切です。自社の特徴や強み、顧客や社会に貢献していることなど、アピールポイントを明確にしましょう。

2. 選考プロセスの見直し

選考プロセスが長すぎると、応募者が辞退してしまうことがあります。選考プロセスを見直し、必要なステップだけを残し、早期に結果を伝えるように心がけましょう。また、面接官のトレーニングを行い、応募者に対して適切なアプローチができるようにしましょう。

選考プロセスの見直しとは、応募者の求めるものを的確に捉え、応募者の負担を軽減するための改善を行うことです。選考プロセスの短縮化のほかにも、応募者に対する情報提供や、面接の際の質問の見直し、面接担当者のマナーなどが改善点として挙げられます。

3. オンボーディングの充実

内定後に辞退される場合、新入社員のフォローや教育不足が原因となることがあります。オンボーディングの充実を図り、新入社員が早期に仕事に慣れるようサポートすることが大切です。

オンボーディングとは、新入社員が業務に就き、職場のルールや文化、業務内容などを理解するための教育プログラムのことを言います。オンボーディングを充実させることで、新入社員はより早く業務に慣れ、仕事に取り組む意欲やモチベーションが高まります。オンボーディングには、教育プログラムの改善や、上司や同僚とのコミュニケーション体制の整備、社内の情報共有などが含まれます。

4. 応募者へのフィードバック

応募者に対して適切なフィードバックを行うことは、企業の信頼性向上にもつながります。選考の結果を迅速に伝え、応募者の気持ちに寄り添ったフィードバックを心がけましょう。

応募者へのフィードバックは、面接や選考の結果を伝えるだけでなく、応募者の自己PRや強みを評価するなど、積極的に評価することが大切です。また、応募者の気持ちに寄り添ったフィードバックを心がけることで、応募者からの信頼を得ることができます。フィードバックは、応募者が自分自身を客観的に見るためのきっかけとなり、向上心を高めることができます。

以上の取り組みを行うことで、採用の歩留まりを解消することができます。採用活動においては、応募者や新入社員の立場に立って、改善点を見つけ、改善することが大切です。

求職者の方が求人広告を見る際に重要視するポイント

求職者が求人広告を見る際に重要視するポイントは以下のようなものがあります。

  • 求人票の記載内容が明確であること
  • 待遇面についての情報が記載されていること
  • 自社の特徴や強みなど、アピールポイントがあること
  • 給与水準が明確であること
  • 業務内容や仕事の魅力がわかる情報が記載されていること

以上のポイントに加え、企業の信頼性や社会的貢献度なども求職者にとって重要な要素となります。求人広告を作成する際には、求職者の視点に立って、魅力的な内容を提供できるよう工夫することが大切です!