TOP 会社概要 サービス内容 導入事例 お知らせ・ブログ 採用情報 お問い合わせ

NEWS/BLOG detail お知らせ/ブログ 詳細

  • TOP
  • お知らせ/ブログ
  • 『求人市場における買い手市場と売り手市場とは?~求職者と企業側の力関係が生まれる背景とは~』 » 株式会社Link Core

『求人市場における買い手市場と売り手市場とは?~求職者と企業側の力関係が生まれる背景とは~』

求人市場には、買い手市場と売り手市場の二つの概念があります。買い手市場は、求職者が多く、求人に対する応募数が供給を上回る状況です。一方、売り手市場は、需要が供給を上回り、求職者側が企業側に対して有利な状況になることを指します。

この記事では、求人市場における買い手市場と売り手市場の定義とそれぞれの特徴、影響を受ける側の立場について解説していきます。

買い手市場

買い手市場は、求人する側の企業側が求職者に対して、需要が供給を上回る状況にある場合のことを指します。つまり、求人に対する応募数が多く、求職者側は採用されるためには高い競争力を持つ必要があります。

買い手市場では、求職者が求める条件や待遇面での要望が低くなりがちで、労働者側が折り合いをつけることが求められます。また、買い手市場においては、企業側が求人募集の方法を選択することができ、給与面でも抑制力を持つことが多いです。

買い手市場の状況では、求職者は自分自身のスキルや経験をよりアピールし、自己ブランディングによる差別化を図る必要があります。また、求める条件や待遇面での要望が低まるため、労働者側は企業側との折り合いをつけることが必要です。

売り手市場

売り手市場は、求職者側が企業側に対して、供給が需要を上回っている状況のことを指します。求職者側にとって、求人に対する応募数が少なく、求職者のスキルや経験によっては、採用される可能性が高くなります。

売り手市場では、求職者側が求める条件や待遇面での要望が高くなる傾向があります。企業側にとっては、求人を募集する際に求職者側を説得するために、待遇の充実や求人募集方法の改善が必要となるでしょう。

売り手市場では、求職者側が自己ブランディングに注力することで、自分自身を差別化することができます。また、求める条件や待遇面での要望が高まるため、労働者側が企業側に要求することができます。

影響を受ける側の立場

買い手市場と売り手市場は、求職者と企業側の立場に大きな影響を与えます。買い手市場では、求職者は、自分のスキルや経験をよりアピールしたり、待遇面で譲歩しながら折り合いをつける必要があります。

一方、売り手市場では、企業側は求職者を説得するために、待遇面や求人募集方法を改善する必要があります。また、求職者側にとっては、買い手市場・売り手市場の状況を把握して、求人募集の戦略を練ることが求められます。

買い手市場・売り手市場の状況によって、求職者と企業側の力関係は変動します。買い手市場では、求職者側は自己ブランディングによる差別化や待遇面での譲歩が必要ですが、売り手市場では、求職者側は要求力が高くなります。昨今は売り手市場となっているのでメリットと注意点をまとめました。

売り手市場のメリット

採用市場が売り手市場であることには、以下のようなメリットがあります。

求人情報が充実している

求職者側が有利になるということは、企業側が求人情報を充実させる必要があるということです。これにより、求職者が自分に合った職場を選ぶことができるように、求人情報が詳細かつ魅力的になっています。また、求人情報が多数出回ることで、自分に合った職場を見つけることができる可能性も高まります。

待遇面が良くなる

売り手市場になると、求職者が自分に合った職場を選ぶことができるため、企業側は待遇面を含め、魅力的な条件を提示する必要があります。その結果、求職者側にとって待遇面が良くなることがあります。

競争力が高くなる

売り手市場になると、企業側が競争力を高める必要があります。求職者側が自分に合った職場を選ぶことができるため、企業側は採用活動に力を入れ、魅力的な職場環境を作り出す必要があります。その結果、求職者側にとって競争力が高くなることがあります。

選択肢が増える

売り手市場になると、求職者側には選択肢が増えることがあります。多くの企業が求人広告を出しているため、自分に合った条件や環境を持つ職場を選ぶことができます。

売り手市場における求職者側の注意点

売り手市場になると、求職者側にも注意点があります。

過剰な要求は避ける

待遇面が良くなり、競争力が高くなることはメリットですが、過剰な要求は避けるべきです。自分に合った職場を選ぶことは大切ですが、企業側も求職者を選ぶ立場にあります。過剰な要求を出すと、求職者としての信用を失うことにつながります。

職場環境を見極める

求職者側は、職場環境を見極めることが大切です。競争力が高くなると、企業側が魅力的な職場環境を作り出すことがありますが、実際に働いてみないと分からないことも多いです。求職者側は、企業側が提示する職場環境だけでなく、社員の声や評判なども調べることが重要です。

自分自身の価値を高める

売り手市場になると、求職者側には選択肢が増えることがあります。そのため、自分自身の価値を高めることが大切です。スキルアップや語学力の向上など、自分自身をアップデートすることで、より魅力的な求職者になることができます。

応募する企業を選ぶ

求職者側は、応募する企業を選ぶ際にも注意が必要です。求人広告や企業のウェブサイトだけでなく、社員の声や評判、業績なども調べることが大切です。良い職場環境や待遇面を持つ企業を選ぶことで、長期的なキャリアアップにつながります。

結論

求人市場における買い手市場と売り手市場は、求職者と企業側の力関係に大きな影響を与えます。買い手市場では、求職者側は採用されるためには高い競争力が求められ、待遇面での要望が低くなる傾向があります。

一方、売り手市場では、企業側は求職者を説得するために、待遇面や求人募集方法を改善する必要があります。求職者側にとっては、買い手市場・売り手市場の状況を把握して、求人募集の戦略を練ることが求められます。

このように、買い手市場と売り手市場は、求人市場において重要な概念であり、求職者・企業双方にとって、その状況を正しく把握することが求められます。求人募集の際には、買い手市場・売り手市場の状況を踏まえた戦略を練り、求職者と企業双方がWin-Winの関係を築けるように努めることが大切です。

株式会社Link Coreプロフィール

2022年9月に株式会社Link Core設立。代表取締役が某大手人材会社で培ったマーケティングスキルと人材採用スキルを活かし事業展開。

採用にお困りの企業様を対象に採用ノウハウから実際の採用業務まで手広く支援する事で求めている人材の採用成功へと導き、企業発展に貢献している。

2023年6月時点で取引社数は20社を超え様々な支援を行っている。採用コンサルティング事業、採用支援事業、広告代理店事業、BPO事業と幅を広げることでニーズにあった提案をしている。

ブログでは、世の中の採用業務に関する知識やノウハウを伝え、発信している。

お問い合わせは下記までお願いします!