TOP 会社概要 サービス内容 導入事例 お知らせ・ブログ 採用情報 お問い合わせ

NEWS/BLOG detail お知らせ/ブログ 詳細

  • TOP
  • お知らせ/ブログ
  • ダイレクトリクルーティングとは?採用活動の最新トレンドと重要性を解説! » 株式会社Link Core

ダイレクトリクルーティングとは?採用活動の最新トレンドと重要性を解説!

採用活動において、ダイレクトリクルーティングはますます重要性を増しています。この方法は、求職者の能力と経歴を詳細に把握し、企業のニーズに合わせて採用することができるため、多くの企業がこの方法を採用しています。本記事では、ダイレクトリクルーティングについて詳しく解説します。

ダイレクトリクルーティングとは

ダイレクトリクルーティングとは、人材紹介会社や求人サイトを介さずに採用活動を行う方法です。つまり、企業側が求職者を直接スカウトして採用することを指します。この方法は、企業側が求めるスキルや経験を持つ人材を、よりターゲットに絞って採用できるというメリットがあります。また、企業側が求人広告を出す必要がないため、広告費を抑えられるというメリットもあります。

ダイレクトリクルーティング媒体の種類について

ダイレクトリクルーティングには、様々な媒体があります。代表的なものには以下のようなものがあります。

ビズリーチ

ビズリーチは、ビジネスパーソン向けの採用サイトです。ビズリーチに登録した求職者のスキルや経歴が詳細に掲載されており、企業側はそれを参考にしてスカウトすることができます。ビズリーチは、特にマネージャーや専門職などハイクラスの採用にも適しています。

Green

Greenは、ITエンジニア向けの採用サイトです。Greenに登録した求職者は、自分のスキルや経歴を詳細に掲載することができ、企業側はそれを参考にしてスカウトすることができます。Greenは、ITエンジニアの採用に適しています。

Wantedly

Wantedlyは、新しい働き方を提案する採用サイトです。Wantedlyに登録した求職者は、自分のスキルや経歴だけでなく、自己PRやポートフォリオなども掲載することができます。企業側は、その情報を参考にしてスカウトすることができます。

LinkedIn

LinkedInは、ビジネスパーソン向けのSNSです。LinkedInに登録したユーザーは、自分のプロフィールを詳細に掲載することができます。企業側は、その情報を参考にしてスカウトすることができます。

スカウト選定の重要性

ダイレクトリクルーティングにおいて重要なのが、スカウト選定です。求職者のスキルや経歴を把握し、企業のニーズに合わせた人材を選定することが、採用成功の鍵となります。スカウト選定には、企業の採用担当者が自ら行う場合と、外部の人材紹介会社に依頼する場合があります。

企業の採用担当者がスカウト選定を行う場合

企業の採用担当者がスカウト選定を行う場合には、以下のようなポイントに注意する必要があります。

  • ー求職者のスキルや経歴について深く理解すること
  • ー求職者に対して正確かつ丁寧な情報提供を行うこと
  • ー求職者との面接を実施すること

外部の人材紹介会社にスカウト選定を依頼する場合

外部の人材紹介会社にスカウト選定を依頼する場合には、以下のようなポイントに注意する必要があります。

  • ー人材紹介会社の実績や信頼性を確認すること
  • ー人材紹介会社との契約内容を明確にすること
  • ースカウト対象となる求職者のプロフィールを共有すること

スカウト送付の重要性

スカウト選定が終わったら、次に行うべきはスカウト送付です。スカウト送付は、求職者に企業の興味を伝える重要な手段です。スカウト文面は、求職者の関心を引き、興味を持ってもらうために非常に重要です。スカウト文面は、企業の強みや求人の魅力、求職者のスキルや経歴について具体的に説明することが求められます。また、スカウト文面は、誤字や脱字のないように注意することが大切です。

スカウト文面の良い例

良いスカウト文面の例を挙げてみましょう。

「〇〇株式会社の人事部です。あなたのスキルや経験に興味を持ち、当社の求人にご応募いただきたいと思い、ご連絡を差し上げました。当社は、〇〇業界でトップクラスの企業であり、社員のキャリアアップに力を入れています。あなたの経験やスキルを活かしながら、当社で活躍していただけることを期待しています。」

このように、企業の強みや求職者のスキルについて具体的に説明することがスカウト文面の良い例と言えます。

どういう職種がダイレクトリクルーティングに合っているか

ダイレクトリクルーティングは、あらゆる職種に適用することができますが、特にエンジニアやデザイナーなどのIT関連職種に向いています。これらの職種は、高いスキルや経験を持つ人材が求められるため、求人サイトに掲載されている求人に応募するよりも、直接スカウトされる可能性が高いです。

ダイレクトリクルーティングのメリット

ダイレクトリクルーティングには、以下のようなメリットがあります。

  • ーターゲットに絞った採用ができる
  • ー広告費を抑えられる
  • ースキルや経歴を詳しく把握できる

ダイレクトリクルーティングのデメリット

一方、ダイレクトリクルーティングには、以下のようなデメリットもあります。

  • ースカウトされた求職者が、応募したい企業がある場合に断ることができない
  • ースカウトされた求職者が、自分のスキルや経歴を偽っている場合がある

結論

ダイレクトリクルーティングは、求職者と企業のニーズに合わせて採用を行うための非常に有効な方法です。採用担当者は、求職者のスキルや経歴を詳細に把握し、適切な人材を選定することが重要です。また、スカウト送付においては、良いスカウト文面を作成することが求められます。採用活動において、ダイレクトリクルーティングを活用し、優秀な人材を採用することが求められます。株式会社Link Coreでは、多数の媒体で運用経験をし実績を出してきた社員が対応しますのでぜひこの機会にご相談下さい。