TOP 会社概要 サービス内容 導入事例 お知らせ・ブログ 採用情報 お問い合わせ

NEWS/BLOG detail お知らせ/ブログ 詳細

  • TOP
  • お知らせ/ブログ
  • Indeedの魅力とは?|採用支援におすすめの求人広告プラットフォーム » 株式会社Link Core

Indeedの魅力とは?|採用支援におすすめの求人広告プラットフォーム

採用活動は、企業にとって非常に重要な課題の1つです。しかし、求人広告を出す際に広告費がかさむことがあり、運用方法に悩むこともあります。そこで、今回は広告費を削減しながら、採用に最適な求人広告プラットフォーム「Indeed」について詳しく解説します。

indeedとは?

indeedは、世界中で利用されている求人情報のまとめサイトです。主に、企業が求人広告を出稿するために使われており、多くの求職者が興味のある求人情報を検索するために利用しています。求職者側では自身のプロフィールを作成し、業界、職種、地域などのカテゴリーで検索することができます。

利用者は、求人情報に加えて、会社の評判・口コミ、給与、面接の準備方法などの情報も閲覧することができます。また、求人情報を保存したり、応募履歴を管理することもできます。

indeedは、求人情報を簡単に検索できることや、世界中で利用されているため多言語対応などの特徴があります。求職者が自分に合った求人を探すための手助けとなるウェブサイトです。

Indeedの良さ

Indeedには、あらゆる雇用形態、職種、業種に対して活用ができるという大きな魅力があります。また、最近では当社でも相談を受ける機会が増え、改善によって効果が出ているお客様が多数いらっしゃいます。

さらに、料金体系がクリック課金型であるため、無駄な広告費をカットできる点も魅力的です。ただし、運用方法はオリジナルの為考えて行わないといけない点があります。

Indeedの料金体系

Indeedの料金体系は、クリック課金型です。つまり、求職者が求人広告をクリックした場合にのみ、広告費が発生します。掲載期間やクリック単価を考慮して、適切な予算を設定することが大切です。

Indeedの効果的な運用方法

Indeedを効果的に活用するための4つのポイントについて具体的に説明いたします。

ー1、求人情報を適切に入力する

求人情報には、詳細でわかりやすい情報を記載することが大切です。応募者が求人情報を見て、自分に合っているかどうかを判断するため、企業の魅力や求める人物像、勤務条件などを明確に記載することが必要です。また、文言にも注意が必要で、控えめ過ぎる表現は見落とされる可能性があります。

ー2、キーワードを選定する

求職者がIndeedで検索する際に使用するキーワードを把握し、そのキーワードを求人情報に盛り込むことで、より多くの応募者にアピールすることができます。具体的には、業界や職種名、スキル名、言語名、地名などを考慮してキーワードを選定します。ただし、キーワードを無理に盛り込むと読みにくくなるため、自然な形で文面に取り入れるようにしましょう。

ー3、目的別ページを作成する

Indeedでは、目的別ページを作成することができます。目的別ページとは、特定の職種や業種に特化したページで、求職者が求人情報を探しやすくなっています。目的別ページに求人情報を掲載することで、より多くの応募者にアピールすることができます。具体的には、自社のWebサイト内に目的別ページを作成し、Indeedの求人情報を掲載するようにしましょう。

ー4、リンクを設定する

Indeedの求人情報には、リンクを設定することができます。リンクを設定することで、企業のWebサイトに飛ぶことができるため、企業のWebサイトに求人情報を掲載している場合は、Indeedの求人情報にリンクを設定することがおすすめです。リンクを設定することで、応募者が企業のWebサイトを訪れることができ、より興味を持ってもらえる可能性が高まります。

以上がIndeedを効果的に活用するための4つのポイントです。これらのポイントを押さえることで、より多くの応募者にアピールすることができます。また、SEO対策としても有効なため、Indeedを活用する際にはぜひ参考にしてください。

IndeedのSEO対策

Indeedを使う際には、SEO対策も重要です。以下のポイントに注意することで、より効果的な掲載が可能になります。

ーキーワードの選定

ー目的別ページの作成

ーリンクの設定

求人情報には、キーワードを適切に選定することが大切です。応募者がIndeedで検索する際に使用するキーワードを把握しておき、そのキーワードを求人情報に盛り込むことで、より多くの応募者にアピールすることができます。

目的別ページは、特定の職種や業種に特化したページで、応募者が求人情報を探しやすくなっています。目的別ページに求人情報を掲載することで、より多くの応募者にアピールすることができます。

Indeedの求人情報には、リンクを設定することができます。リンクを設定することで、企業のWebサイトに飛ぶことができるため、企業のWebサイトに求人情報を掲載している場合は、Indeedの求人情報にリンクを設定することがおすすめです。

Indeedの使い方

Indeedを使う際には、以下の手順に沿って進めることがおすすめです。

ー1、アカウントを作成する

Indeedにアクセスし、アカウントを作成します。アカウントを作成することで、求人広告の掲載や管理が可能になります。

ー2、求人情報を入力する

掲載したい求人情報を入力します。ここで入力する情報は、求人票に表示される情報となります。求人票は、応募者が求人情報を確認する際に参考になるため、情報を適切に入力することが重要です。

ー3、予算を設定する

Indeedの広告は、クリック課金型であるため、予算を設定する必要があります。予算を設定する際には、広告の掲載期間やクリック単価を考慮して、適切な予算を設定することが大切です。

ー4、広告を掲載する

求人情報と予算を設定したら、広告を掲載します。広告が掲載されると、応募者が求人票を閲覧し、応募することができるようになります。

Indeedのベストプラクティス

Indeedを効果的に利用するためには、以下のベストプラクティスに従うことが大切です。

ー1、目的を明確にする

Indeedを利用する目的を明確にし、その目的に合わせた求人情報を作成することが重要です。例えば、新卒採用や中途採用、アルバイト・パートタイムスタッフの募集など、目的に応じた求人情報を作成することで、より効果的に求人広告を活用することができます。

ー2、競合他社の分析を行う

競合他社がどのような求人広告を出稿しているかを調査し、自社の求人情報をより魅力的にアピールするための工夫をすることが大切です。例えば、給与面や福利厚生面で他社よりも優れている点をアピールすることで、より多くの応募者を集めることができます。

ー3、ターゲット層を設定する

Indeedでは、求人情報をターゲット層に合わせて表示することができます。例えば、大学生や20代の若者、主婦層など、求人情報を掲載する際にターゲットとする層を明確にし、その層に合わせた求人情報を作成することで、より効果的なアピールが可能になります。

ー4、広告のデザインに工夫を凝らす

求人情報のデザインにもこだわりを持ち、応募者の目を引くような広告を作成することが大切です。例えば、明るい色を使ったデザインや、見出しを大きくするなど、視覚的にインパクトのある広告を作成することで、より多くの応募者を集めることができます。

ー5、結果を分析し、改善点を洗い出す

Indeedの広告掲載による結果を定期的に分析し、改善点を洗い出すことが大切です。例えば、応募者の属性やクリック数、応募率などを分析し、広告の改善点を洗い出すことで、より効果的な広告を作成することができます。

以上がIndeedを効果的に利用するための具体的なベストプラクティスです。これらのポイントを押さえることで、より効果的に求人広告を活用することができます。

まとめ

Indeedは、あらゆる雇用形態、職種、業種に対して活用ができる求人広告プラットフォームです。クリック課金型の料金体系が魅力的であり、広告費を削減しながら採用支援が可能になります。運用方法については、当社、株式会社Link Coreでの相談が可能ですので、ぜひご相談ください。また、SEO対策やベストプラクティスにも注意を払うことで、より多くの応募者にアピールすることができます。採用活動にお悩みの企業様は、Indeedを活用して採用支援を行ってみてはいかがでしょうか?